プロフィール

以前、私達は
大阪にある、某・老舗女性劇団におりました。
所属は、「制作部」。公演の作品を作る仕事です。

「やま」は、業界最大手の「ブッ○オフ」の店長という職を捨てて、
劇団スタッフへの転職。

持ち前の統括管理能力と、音楽編集や舞台監督の実践能力、また、
PC関連に非常に強かった事を買われ、社員採用。

「もり」は、普通の事務職をするかたわら、バレエ衣裳や
子供服などを製作・販売。

この劇団とは縁あって、たまに、衣裳製作の外部スタッフとして参加、
そんなことをしているうちに、ズルズルと社員採用。

とまぁ、そんな私達の仕事、舞台制作業務…。
華やかな舞台を人知れず作っていくスタッフ。

…少々、特殊な業務でしたね。

そして当時、劇団スタッフはいつも不足しておりました。
(入ってもすぐに辞めてしまうのデス)

企画・制作・営業・チケット販売・宣伝・広告・広報・HP企画管理・
事務・後援会顧客管理・商品企画・販売・舞台監督・音響関係全般・
衣裳関係全般・会場ロビー受付・マネージャー・コーディネーター・
スタイリスト・司会…、

と、経営・経理・役者以外のあらゆる業務に人知れず、携わるハメに。

少々、特殊な労働でしたょ。(泣)

ほぼ休みなく、家にもほとんど帰れず、空調の効かない事務所内の深夜。
夏はサウナ冬は冷蔵庫と、季節感あふるる時間を過ごさせていただきました。

事務所の床にダンボールを敷いて、新聞紙にくるまって寝てみて、初めて、
「紙って、暖かい」ということを学びました。(笑)

その当時はとにかく必死で。
とにかく、チケットを買って楽しみに観に来てくださるお客様に
「喜んでいただきたい…」。ただ、その想いだけ。

よく、過労死しなかったもんだ…と。(笑)

二人でたま~に、この時代の思い出話をすることがあるんです。
そして、決まって、最後に言うセリフ。

「丈夫に産んで、育ててくれた、親に感謝~」(爆)

必死の想いで支えてきた、そんな会社(劇団)も
瀕死の状態から、あえなく倒産、民事再生となりました。

幸い、歴史と伝統あるこの劇団は、次の親会社が決まり、
どうにか時代から消滅せずに、残ることができました。
…ヤレヤレ。

しかし。
民事再生をおこした会社に、
「最後の最後までいるもんじゃないな…」
と、このとき初めて、学びました。(笑)

とにかく。
次の会社に移籍…というのもあったんですが、
「もう、ちょっとお腹いっぱい…(汗)」
な、気がしていた私達は、これを機会に、晴れて自由の身を選んだのです。

別に、舞台関係の仕事に固執するつもりは全くなく…
どちらかと言えば二人とも、「何かお店」がしたかったのですが。

細々としたニーズがありましたので(笑)
舞台・イベント関係の企画・制作・運営業務の請負業
「やまもり計画」を共同で起業。

舞台・イベント関係の仕事を請け負うかたわら、
かねてより、二人の念願であった「WEBショップの運営」にようやく着手。

「よっしゃー、やるで!」と意気込んでいると、
まさかの「東日本大震災」。

この出来事は、私たちの考え方や生き方に大きな影響を与えました。
今まで持っていた価値観が変わってしまったと言いましょうか…。

そんなこんなで、WEBショップ運営からも撤退。

現在は、WEBサイトの作成など、WEB関係の仕事をしながら、
日々、自由人を満喫しておりまする。(笑)

そんな二人組みですが、、、
今後とも、なにとぞよろしくお願い申しあげます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする