根底は、やはり、特撮変身系でしょうか?

スタントマン
例えて言うなら。「やま」は主にデジタル系、
「もり」はアナログ斥候系。(?)

もちろん、逆の時もありますが、基本、そうなってます。
 
 
ところで。
昔、「バロムワン」という子供向けの特撮ものの
テレビシリーズがありました。
 
二人の少年が、「バロムクロス」で変身するのです。
 
そういえば、空に投げて変身に使用するあのアイテム…何といったか…
アレって、マウスの形に似ていた気がするなぁ。
まぁ、イイんですケド。
 
あれ投げて変身合体、大人サイズの「戦うエージェント」、
「バロムワン」となって悪の組織「ドルゲ」と戦うのですょ。
 
この二人、変身後に役割分担があって、
比較的からだが大きく力自慢の少年はボディー担当、
ひ弱な感じだが頭脳明晰な少年が思考担当、
確か、こうなっていた、と思います。
 
私は子供心に、
「思考担当のほうが得なのでは??」と、ちょっぴり、思いましたね。
 
考えるのが楽、とか言うのではないんです。
物理的に、攻撃を受けてのダメージ量というか痛みというか・・・。
 
子供ですからね、当時、私も。
そんな深くは考えられないのだが、とにかく、
「ちょっとなんだかなぁ~」な感想を抱きつつ、楽しく観ていたのだけれど、
「バロムワン」。
 
 
「やま」はどちらかといえば物静かな感じがする。
しゃべり口調もソフトですね…。
 
身長は163cmと標準、体格はしっかり骨太なわりに、薄っぺらいので
華奢な印象。
そして、たまに男子にまちがえられている…。どーでもいーけど。(笑)
 
私はといえば活発で、比較的ハッキリとしたものの言い方をする。
実際はヌケヌケなのですが、(汗)
なぜか、そういう印象を与えるようです。
 
体格は私のほうが大きく、
しっかりしたつくりで、身長も167cmと決して小さくはないので、
他人に与える印象としては、迫力がある。
 
 
私の脳裏にふと、「バロムワン」がフラッシュバックする。
 
…いいんだケド別に。
 
 
そして今日も「やま」と「もり」は
マウス片手にタッグを組んで、
「やまもり」としてワールドに活動を続けるのです~。
 
 
実は、私達の中では、
「悪の組織・ドルゲ」役は存在し、
コッソリ人知れず戦っていたりするのですが(笑)
…ここでは関係ないので、そのことは触れないことにしよう…。
 
 
嗚呼…遠くでかすかに「ド・ド・ド・ド~ルゲ~!」
   
と、聞こえたような気がする…。(泣)
 
あなたは…、
ご存知ですか??「バロムワン」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。