郵便局に佇む”ますますくん”の考察。

 

  郵便局に速達を出しに行ったんですケド。
  今、面白いですよね、郵便局。
 
  

 

キャラクターがコソーリ佇んでまして・・・。
 
「ますますくん」
 
枡です。
四角い、あの、枡、ですょ。
枡に手足顔が付いてるダケなんですが、何かかわいい。
 
  
 
ちなみに。
なんで枡かっていうと。
コレ、資産運用系のプランのマスコットで。
 
  
 
そう。
枡って古来から日本に伝わる伝統的な体積を測る
道具のアレです。
時代劇で悪徳商人がお米を計る時に使ったりしてますょね。
枡酒・・・なんていうのもありますので、枡、ご存知だとは
思いマス。(なーんて・笑)
 
  
 
ですので、古の人々にも枡は財運の象徴として扱われてきました。
「益々」なんていうのは、まさにコレからの語源です。
 
  
 
で、「ますますくん」
非常に、感心・・・というか、納得しましたょ私。
そういった背景をふまえて、かつ、
造形は単純でありながら、なんと奥深いことでしょう、
 
  
 
「ますますくん」
 
  
 
ジャストフィットなキャラクターですよね。
増えそうじゃないですか、資産。
 
  
 
なので、「ますますくん」に会うのが楽しいので郵便局に
行くのが好きになったんデスが、民営化、ステキに発展の兆し。
 
  
 
ステキといえば、ポストカード。
ご当地カードなるものを発見。大阪は「通天閣」
大阪城をさしおいての、堂々の代表に選ばれたようですが。
で、まぁコレは悪くもないけど、ドびっくり級でもなく。
 
  
 
私の関心を大きく引いたのは、「地元局はがき」とでも
呼べばいいのか・・・、各地域局名の印字された、
赤いレトロポスト、丸い土管形のアレです。
あのデザインのカード。
 
  
 
これは、コレクターゴコロを大きく揺さぶるアイテムかも。
日本各地の主要郵便局には必ずあります。しかも局名入りで。
 
  
 
とにかく、企画室にマニアックなオモロイ社員が
配属されていることは、ほぼ、間違いのないことでしょう。
  
 
  
 
民営化、スバラシイです。

                             

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。