意外と大切、着たいデザイン・似合うデザイン。ビジネススーツあれこれ。1

ビジネススーツ
誰しも、雑誌やテレビに出てくるモデルのような体型であれば問題ないかもしれません。
モデル体型でなくとも、自分が理想とする体型であれば悩みが少なくて済むのですが。

スーツの場合大雑把に言ってしまえば「同じ形」となるのですが・・・。
今流行のデザインのモノを着たい、ダブルが好き、タイトなデザイナーズのモノを・・・
などなど、
憧れの、または好みのスーツを着こなせれば言うことはありません。

しかし実際には、微妙な襟の幅、素材、ボタンの位置や数・・・様々な要素により、結果、
着てみるとしっくりこない、けれど結局、何がどうか?ということもイマイチ分からない、
という経験をされた方は多いかも?と思います。

しっくりこない原因の一つに、自分の体型・・・ということがあります。

特別メタボという感じでもなく、やせ過ぎでもなく、極めて標準的なスタイルであった
としても、例えば、肩がなで肩だ、とか、胸板が厚い(薄い)、とか、
腰の位置が高い(低い)とか、その個人個人に、他人は知らない「自分の悩み」が
誰にでもあるものです。

そこで、どうしても自分の体型に自信が無い、悩みがあるなどといった場合は、
デザインとしては、2つボタンのタイプを選ぶと良いかもしれません。

このタイプは胸元のVの開き具合がやや大きめであることから、体型をカバーしやすくなるのです。
(厳密にはボタンの数ではなく、Vの開き具合と言えますが。)

ただ2つボタンの場合、上のボタンの付け位置がポイントで、着てみてボタンを閉めたとき
「身体のどの位置で絞られるか」のバランスを見ることが重要となりますが、そのバランスを
自分でとりやすいのも、このタイプの利点ではあります。

この「絞られる位置」である絞り線をどこに置くかは、着心地・動き心地も含めて案外、
自分の身体が知っているものですが、スーツを着慣れていない初心者の方は、
自分の足が長く見え、全体がスッキリと見える位置を心がけて選ぶようにすると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。