日本人ビジネスマンの色。「黒髪・黒い瞳はファッションの盲点」色風水編

黒髪ビジネスマン
色同士の相性も大切ですが、何より、自分との相性が最も重要だと思います。
あと、自分が嫌いな色は手を出さないほうが良いでしょう。

なぜなら、その色のモノは、必ずと言って良いほどいずれ身につけなくなるから(笑)。

ところで、古の名将・武将、英雄的指導者や独裁者や政治家まで(笑)、歴史的に
名をはせるような時の権力者たちが占星術や呪術を多く取り入れ、政〔まつりごと〕や
戦〔いくさ〕に活用していたことは、現在ではかなり知られていることです。

「そんな迷信みたいな、縁起かつぎはバカバカしい!」と思いますか?

身近なところでは「ゲン担ぎ」という感じですが、意外と「できるヤツ」ら・・・そう、
成功者と呼ばれる人たちは、実はコッソリと、こういった法則を人生全般に取り入れ、
大真面目に活用してきている歴史がある、ということを、認識するべきでしょう。

そのような様々な法則がある中、色の持つパワーや意味を知り、
あらゆるビジネスシーンで効果的に(または戦略的に・笑)役立ててみてください。

派手な色や目立つ色はネクタイの他、小物類(財布、ハンカチ、手帳、ペンなど)で
取り入れると、ビジネスシーンでも目立たず違和感無くて良いでしょう。

 

【赤】
印象・・・情熱、興奮、強烈、躍動感、パワフル、エネルギッシュ、など。
     燃える火や太陽といった熱い(暑い)温度も感じさせます。
効果・・・気力増幅、生命力増強、気持ちやパワーの奮起・高揚、など。
風水・・・情熱的、決断、行動力、実行力、持続、素早さ、など。

※重大な決断ごとのシーン、気分が落ち込んでいる時、頑張りたい時に良いようです。
ただし、色の効果が強すぎると、激昂、過度の自己主張、という意味合いも含みます
のでご注意くださいね。
ちなみに、この色の下着を身に着けると、体温上昇の効果があることが化学的に
証明されているそうですので、冷え性気味の方は是非(笑)。

【オレンジ】
印象・・・勇気、明朗快活、朗らか、開放的、健康的、活発、明るさ、ユーモア、など。
効果・・・落ち込む気持ちや閉塞感の払拭、プレッシャー・ストレスの癒し、など。
風水・・・開始、出発、中心的存在、など。プロジェクトの開始やリーダーシップ。

※チームでの企画運営や、対人関係をスムーズにしたい時に良いようです。
ただし、色の効果が強すぎると、横柄、威圧的、行過ぎる明るさからくる鬱、イライラ、
破壊、という意味合いも含みますのでご注意くださいね。
ちなみに、この色は子宝に関係する色でもありますので、子供をお考えの方は寝室に
加えると良いかもしれませんよ。

【黄】
印象・・・華やか、にぎやか、平和、鋭利、かわいい、躍動、精神の高揚、など。
     明るい光、希望を感じさせます。
効果・・・うまくいく、判断力、洞察力、喜び、活発な神経、抜け目のなさ、など。
風水・・・金運、変化、成りたい自分、達成、成就、など。

※独自論やユーモアな自己表現を駆使し、ビジネスセンスを活かして物事を達成
したい時に良いようです。
ただし、色の効果が強すぎると、計算高さ、卑下、悲観的、精神的不安定さ、悪意、
鬱、身勝手、無責任、という意味合いも含みますのでご注意くださいね。
ちなみに、ブームになった金運、幸運の色としては、あまりにも有名ですね(笑)。

【緑】
印象・・・安全、良識、良心、寛容、雄大、調和、バランス、中立、など。
     自然の息吹をイメージさせる若々しさ、また、安心感などを感じさせます。
効果・・・沈静、安らぎ、調和、癒し、おおらか、など。
風水・・・才能を伸ばす、信頼、管理力、保護力、理解力、など。

※調停や管理する立場の場面などで、軋轢〔あつれき〕や摩擦を軽減するのに
良いようです。
ただし、色の効果が強すぎると、不安感、疑念、停滞、頑固、騙されやすい、という
意味合いも含みますのでご注意くださいね。
才能を伸ばすという部分と、落ち着きや安らぎといった部分から、子供部屋の
メインカラーとして好まれている色でもあるようです。

【青】
印象・・・清潔、理知的、フォーマル、静けさ、知性、クール、など。
効果・・・清涼、安全、静けさ、涼しさ、冷静、など。
     水を思わせる色で、冷たい温度を感じさせます。
風水・・・安らか、冷静、勝負運、リラックス、など。

※青の持つ安らぎ感は、ヒーリング効果があります。ビジネスでは、良い情報、
仕事運や才能、という部分にも繋がりますので、青を取り入れるのは良いようです。
ただし、色の効果が強すぎると、自己中心、鬱、疑心暗鬼、無気力、ルーズ、
という意味合いも含みますのでご注意くださいね。
ちなみに、この色には食欲抑制、安眠促進という効果がありますので、健康管理の
強化には、寝室や私室に取り入れると良いかもしれませんよ。

【紫】
印象・・・高貴、大人、上品、神秘、エキゾチック、個性的、など。
効果・・・癒し、静かなるパワー、思いやり、など。
     古来より高貴な色とされてきた部分からも、高貴、位の高さが
     連想される色です。
風水・・・品格、芸術的、神秘性、個性的、精神性、など。

※直観力と思慮深さ、繊細、という意味もあり、内向性の強い色でもあり、また、
芸術家肌の人にこの色が好まれている傾向があります。
ビジネスでは、沈静効果がありますので、何か一品、この色を取り入れるのも
良いようです。
ただし、色の効果が強すぎると、悲観、鬱、疑心暗鬼、放漫、プライドの高さ、
理想主義、という意味合いも含みますのでご注意くださいね。

【ピンク】
印象・・・優しさ、愛、女性的、優美、暖かさ、など。
効果・・・安らぎ、慈愛、保護、献身、優雅、癒し、など。
風水・・・幸運、恋愛、他者への優しさ、初々しさ、など。

※他者との相互理解を深めたい時などにも有効な色です。とても洗練された色と
されており、ビジネスでは上品で柔らかいイメージを演出し、周りを和ませたい
ときに良いようです。
ただし、色の効果が強すぎると、子供っぽさ、支配、独占、盲目、不安、うぬぼれ、
という意味合いも含みますのでご注意くださいね。

【茶】
印象・・・落ち着き、誠実、深み、シック、大地、など。
効果・・・物静か、沈着、思慮深さ、渋さ、大人っぽさ、など。
風水・・・配慮、集中、誠実、母性、頼りになる、など。

※相手への配慮や引き立てといった効果があり、サポート力を発揮したいときに
良いようです。
ただし、色の効果が強すぎると、無口すぎる、憂鬱、精神的な抱え込みからの疲辟、
という意味合いも含みますのでご注意くださいね。
ちなみに、サポートの力という部分で、他色の効果サポートというところも念頭に
置いて組み合わせてみてくださいね。

【金】
印象・・・豪華、お金、輝き、オリエンタル、光、など。
効果・・・威圧、高級、高いインテリジェンス、優秀、など。
風水・・・金運、財運、新規開拓、挑戦、才能の開放、成功、など。

※この色の持つゴージャス感は、実際の金そのものの持つパワーが反映されている
もので、威風堂々といった存在感を演出するのには良さそうです。
ただし、色の効果が強すぎると、威圧的、高圧的、自己中心、無理な理想主義、
という意味合いも含みますのでご注意くださいね。
ちなみに、この色が好きな人には成功者が多く、実際、時の権力者たちが金に
固執した事からも、パワーがあるという事でしょう。優秀な人が多いのも事実です。

【白】
印象・・・清潔、清純、潔白、純粋、清楚、など。
効果・・・神聖、浄化、調和、打ち消し、拡散、など。
風水・・・運気向上、状況改善、清浄、くつろぎ、抱擁、陽、など。

※どの色とも調和するこの色は、他の色の効果を高めるとともに、対人関係の改善
という効果もありますので、日々の調和を保つのにも良いようです。
ただし、色の効果が強すぎると、自己愛、気位、回顧主義、ご都合主義なポジティブ、
という意味合いも含みますのでご注意くださいね。
ちなみに、消極性を打ち消す効果がありますので、心機一転したい場面や
ポジティブに進みたい場面にも良いようですよ。

【黒】
印象・・・厳粛、厳正、闇、シック、強さ、重厚、フォーマル、など。
効果・・・引き締め、隠す、など。
風水・・・拒絶、品格、格調、停滞、隔離、陰、など。

※この色を好む人は自分の内心や内面を悟られたくない人、あるいは、人との
かかわりを拒絶したい人が多いようです。
色の持つ効果としての引き締めは、視覚的(身体的)な部分だけではなく、
心的なところも指していますので、気持ちを引き締めたい、あるいは暴走を抑制したい
ときにも良いようです。
ただし、色の効果が強すぎると、陰気、不の感情、隠蔽、悪意、魔、という意味合いも
含みますのでご注意くださいね。
ちなみに、金運的にお財布は黄色が良いと思われていますが、黒の隠す・引き締める
という効果と併用すると、無駄な出費を抑える効果がプラスされるかな(笑)。

 

少々長くなりましたが、自分のその日の気分や行動によって、色のパワーとその効果を
活用して、より良いビジネスライフの構築にお役立ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。