日本人ビジネスマンの色。「黒髪・黒い瞳はファッションの盲点」4

黒髪ビジネスマン
同系色でまとめるのは、オシャレの基本・・・とは言え、紺やグレー系主体の
ビジネスシーンでこの法則は、あまりに地味で無味乾燥的になってしまいます。

そこでネクタイやシャツといったアイテムを活用するわけです。

例えば、スーツに白いシャツというのは、絶対的な定番だと思いますが、この
「白」という色は「無彩色」とよばれる孤立チームに属しています。
(黒・灰色も無彩色)。
日本人ビジネスマンの色。「黒髪・黒い瞳はファッションの盲点」2参照

無彩色は、他のどの色とも相性が良いとされていて、また、白のもつ印象は
清潔・清楚など、真面目な感じがして、まさにシャツの色にはピッタリだと分かります。

ですので、シャツは白にこだわり、スーツとネクタイで勝負(笑)!というスタイルも
オシャレで良いと、個人的には思いますね。
第一、「白・黒に勝る色なし」・・・という言葉もあるくらいですので、ある意味、
最強の色と言えるでしょう。

さらに、白シャツと一言で言っても、織りや素材で様々な表情を見せてくれますし、
無難とも言えるこの色で、こだわりのスタイルを確立するのは、かなりの
強者だと思います。

でも、白という色は、代わり映えしない感じがして、やっぱり飽きてしまう・・・
という人が多いかも・・・とは思いますので、有彩色のお話もしておきます。
有彩色(白・黒・灰色系以外)同士の場合、先にお話した同色の系列(延長線上の濃淡)
以外に、同じグループ、というものがあります。
(日本人ビジネスマンの色。「黒髪・黒い瞳はファッションの盲点」2で紹介した、PCCS色相環参照)

この図で一目瞭然だと思いますが、暖色系(暖かい感じ)、寒色系(冷たい感じ)と
それ以外の中性色系があり、それぞれ色の持つ印象でグループ分けされています。

なので、同じグループ内の延長線上(濃淡など)の色同士であれば、相性が良いわけです。
あとは、反対色も相性が良いとされていて、図でみると対角線上の色(またはグループ)が
反対色となります。

このように色には相性が存在しますが、特にファッションで見る相性に関しては、
肌や髪の色との相性も忘れてはいけません。

で、日本人(黄色人種)の肌の色は、黄色味を帯びているわけですが、図にもあるように、
スーツの「紺色」とはまさに黄色の反対色に位置しており、つまり、日本人の黄色
(肌のベースの色)との相性が良い、ということになります。

これは、紺と他の色の紙や布などの上に自分の手を置いて見比べる実験をしてみると
面白いんですケドね・・・。

紺は肌をきれいに見せてくれる(上品に引き立てる効果がある)ことが分かると思います。

また、この実験では自分の肌に対して同じ効果を持つ他の色を見つけることもできますから、
それによって、自分が引き立つ色を見つけて覚えておけば、便利かもしれません。

ちなみに、紺のスーツに合わせたネクタイですが、グレー系のスーツにも、基本的には
問題なく合うはずです。
なぜなら、グレー系は無彩色のグループですので、どの色にも影響されないという前提です。
(まぁ、質感やデザインなどにもよりますが・・・)

最終的にはスーツ・シャツ・ネクタイ・靴・鞄(時計)が一体となって、さらに自分の体型・
人相・髪型・雰囲気・TPOとの融合によって、初めてバランスと呼べるので、色のこと
ばかりに囚われていると、大事な部分のピントがずれてしまいますのでご注意くださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。