失って初めてその大切さに気がつく・・・事もあるのかなぁ?

リサイクル
ところで、国家推奨の急激なブームって、
誰かが何かを「焦っている」ようにしか思えません。

「エコ・リサイクル」ブームの時にも思ったんですが、例えば、
分別は良いのですが、「真にエコでいこう!」と思うのであれば、
スーパーのトレイや過度な商品包装は廃止すべきですし、
も一つ言えば、地域の商店制度を復活させ、スーパーを廃止すれば良いのです。

以前にも書いたと思いますが、「使い捨て文化」も良くないでしょうが、
それを気にするあまりに、使いまわしするために洗浄する際の
洗剤や水の使用、またはその際の汚染についてはどうなんでしょうかねぇ?

そう考えると、大量にそれらを消費(または汚染するであろう原因となる)
外食産業自体を考えることとなってしまいますよねぇ。

外食などせず「ウチ飯」や「お弁当」にすることで、環境にはエコに
なるかもしれませんよねぇ。

また、昔はお豆腐を買いに行くときは、各家庭からタッパーなり入れ物を持参し、
そこにお豆腐を入れて、持ち帰ってました。

お米も各家庭で袋を持参し、そこに量り売りで入れてもらってたり
しましたし。

すばらしいエコ方式ではありませんか。

政府として、そういった推奨はしないんでしょうか?

ただ、スーパーで販売するのにこの方法は採用できないですね。
いちいち全ての商品に対応する手間も人も、実際、難しいでしょう。

さらに「美しく見えるように」さまざまな華美なトレイや包装紙で装飾された
食材ですが、必要なのは中身であって、あんな包装?で売り続けられては、
いつまでたっても廃棄物は減らない・・・と、思いますが?

スーパーの、あの山積みの商品を見るたび、
「本当にコレ、全部売れてるのかなぁ?」とも思いますし。

だから、エコのために分別を消費者に対して必死で推奨し、強要するのなら、
本来、不必要な過度な装飾的包装を廃止するべきでは?と思います。

そういった「産業」に対しての「根本」には何故か触れず、ひたすら
消費面=消費者にだけ、エコを推進させる政府発信のリサイクル的な価値観が
どうなんだろう?って思います。

ちなみに。

我が家のマンションのゴミ回収では、リサイクル法に基づく分別が
厳しく義務付けられています。

が。

回収は生ゴミもプラも、関係ないんです、ゴミ回収で、確認もされず
プラゴミも生ゴミも、イッショクタで回収車で回収されてます(呆)。

住民はプラゴミと生ゴミと、分けて出しているんですがねぇ。

これでは何のための分別だか、わかりませんね~(笑)。
ペットボトルと缶や燃えないゴミくらいかなぁ、
ちゃんと分けて持っていってくれるの・・・。

本当にリサイクルが必要なら、行政的に、こんな事は
起こらないんじゃないでしょうか~?

今更、昔に戻ろう・・・なーんて、ファンタジーな事を言うつもりはありません。

ただ、「失って初めて気づくからくり」そして「失って初めてわかる大切なモノ」
なんかがあるカモね、って、思います。

今、日本も実は大変な局面に来ているのではないか、と、勝手に思っています。
いつまで、日本が日本であり続けられるか?
なーんて、思ってしまう時があります。

いつか日本が日本でなくなり、同時に日本人が日本人でいられなくなる日が
やって来た時、「失って初めて気がつく」かもしれない・・・と、
そうならないように、願いつつ、今日も無事生きていけていることに感謝して
過ごしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。