毎年恒例(泣)京都南座。

先日と別の日のお話しなんですが、この時期、何故か京都にご縁があるなぁ。
去年も確かそうでした・・・何回か京都に行くことになります。

なぜ、祇園祭の時なのか・・・様々な事情が交錯してますねぇ。
と、毎年恒例となった、我が家の行事。

娘(1号)が所属する劇団が出演する、京都公演の季節となりました。
この劇団は、「やま」と「もり」の古巣でもあります。

家族事なので仕方ないのですが、祇園祭りの「混む」時期に
京都は正直、チョット大変なんですケド。
いっそ、観光なら良いのですが、と思ったり。

とまぁ、無事公演も終わり、「まだ少し時間がある(何の?!)」
というコトで、貴船神社まで足をのばしてみまして・・・。
(結局、観光するする!笑)

いや~、流石、京都の奥座敷です!素敵でしたね~。
川沿いには「川床料理屋」がズラリ。風流でしたね~。

豪華絢爛、キレイどころの舞妓さんやら芸妓さんもいらしてて、
偶然の目撃だったんですが、そりゃまぁ、風雅なモンですわ~。
長生きしそう・・・(笑)。

で、来年は観劇後には是非、ココでお料理を頂きたいな、と。

そんなこんなな、帰りの車で。

 

 

 

 
この日はまだ祇園祭の準備中で、混雑はまだ「まし」でしたが・・・。
とは言え、やっぱりお祭りは良いですね。
こういうの見ると、ウキウキしてしまうのは「日本人の魂」でしょうか(笑)。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。