「3R」についてですが。

3R
一般に「リサイクル」いう言葉で認識されているこのエコな
活動形態ですが、本来、大きく分けて3つの動きに分かれます。

コレは「3R」と呼ばれています。

※Reduce(リデュース)=「ゴミを出さない」
・ISO(ISO14001)世界共通の環境保全活動
 例えば、ソープは詰め替え用を使う、割り箸はやめてマイお箸を使う、
 など、ゴミ自体をはなから減らす・・・という事ですね

※Reuse(リユース)=「汚れを取り除き、原形で再使用」
・リサイクルショップなどは、これにあたります。(使用しなくなった物を
 他の人に使ってもらう)使用、利用しなくなった物の別の利用法を考え、
 使えなくなるまで捨てない工夫をし、再利用する・・・ということですね。
 飲料のビンはリターナブルビンとも呼ばれます。

※Recycle(リサイクル)=「原料レベルに戻して、再利用」
・製品化された使用後の物(不要物や廃物)を再資源化し、新たな製品の
 原料とする。(リユースできないもの)
 食用廃油から石鹸、ペットボトルから繊維・・・はこれにあたりますね。

Reduce Reuse Recycle
この3つをまとめて、一般には「リサイクル」と称されています。

この「3R」のメリットは、
・環境悪化の抑制 ・資源エネルギーの節約 ・森林、熱帯雨林の保護
・処理費用の削減 ・経済活動の活性化 ・埋立地問題の改善 などが
あげられますが・・・、結構、たくさんあるように思いますね。

しかし、当然、デメリットまたはリサイクルによる問題点も発生します。

特に「3R」のうちの一つ、「リサイクル」は
資源として利用するために、一度熱処理などにより、分解する必要があります。

また、どうしても資源としての成分の劣化なども起こりえます。
特に、飲料などのアルミ缶をリサイクルする際、吸殻などの不純物が混ざっていると、
かなり資源利用としては劣化するようですね。

なので、問題点として、
・再資源化のためのエネルギー消費
・熱処理の際の二酸化炭素の排出
・再生品の不良品率のアップ
などがあげられています。

このことからも、限りある資源を大切にしながら、ゴミとなるものは
極力少なくすることは、大切なのですが、リサイクルを行うには
根本的に、まず、製品ありき、ということです。

ということで。

資源の見直しや開発、利用方法などの研究が最優先ではないかな、
と思うのですが・・・。

と、言うは易し。
その、技術や知恵のない私は、自分に出来る、自分に分かる範囲で
せっせと地球環境に静かに過ごしたいな・・・って。

所詮、あと、50年も生きない・・・と思います、私。
地球の歴史からみれば、一瞬にも満たない期間です。
その間くらい、大事に住まわさせていただこうかな、とか思ったり。(笑)

次の世代のことを考えることも、やっぱり大事ですから。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。