ゾンビに襲われる夢を見た。

マッタクモッテ、
トンデモな夢を見てしまった・・・。
 
コワイ、という感じではなかったケド。
綺麗なんですよ、顔とかも。ゾンビっぽくない。
 
でも、逃げるんですけどね~、一応。
ゾンビだから、「捕まっちゃいけない!」、って思って。
 
 
で、それはイイんですが、なぜか、かなり以前に
観たNHKの番組を思い出してしまったのです。
 
紹介していたのは、ナノマシン。
映っていたモニターでは、細胞に針みたいなのをブツ!って
突き刺して、何か注入している感じでした。
 
どうやら、細胞レベルの治療に役立つようでした。
 
 
あまり真剣に観ていなかったので、
(相変わらず)正確ではないのですが。
 
そうそう、「大きさは髪の毛の太さよりもさらに小さく、
製造も3分くらいで出来ちゃうゾォ~!」
 
・・・みたいなこと、その科学者さんだか技術者さんは
嬉しそううに話していた記憶が蘇ったワケで。
 
そこらへんで、私の脳内では、ゾンビとリンクしてしまう。
 
 
例えば、何かの拍子で体内に入っても、
分からないかもしれないですよねぇ?ナノですもんねぇ。
(と、なり。)
 
・・・まさか、そんなこと、ないんでしょうケド。
(とは思うんですよ、一応。)
 
でも、仮にですょ、そんな事があったとして。
 
脳内にもぐりこんだりして。
(と、なり。)
 
どこかで、操作とかできたりするカモ?、とか。
 
その人って、自分の意思に関係なく動く?、とか。
(おバカな空想が始まり。)
 
 
・・・私の中で、ナノゾンビ(風)が登場してしまった。
 
 
研究者の方にはきっと叱られる。
いや、呆れられる。いやいや、土台、相手にされてない。
 
っていうか、私、存在すらしていないから、大丈夫!
 
でも、一応謝っておくのがいいかな・・・。スミマセン。
 
 
時に。
詳しくない、というのは平和かもしれない。
 
 
私の中にデタラメに広がる何か。
あまりメリットはないけれど。
 
まぁ、退屈な人生でないのは、確かデス。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。