母なる大地、母なる海の心

何で父なる・・・と出ないのかが、ちょっと面白いと思ってしまいます、
個人的に。(笑)
 
母体は小宇宙、なんて言われてたりもするみたいですが、
「産み出される」ということは、まことに神秘の極みであります。
 
以前、経済を血液の循環になぞらえた考え方でお話ししたのですが、
そういった感覚から考えるに、地球というのはある種の生命体ですね、やっぱり。
 
一部には、当然、そういった考え方が常識的にありますが、私達もあらためて
そのことを実感してしまいます。
 
それほどマニアックではありません。ただ、私個人としては、
 
「低レベルの汚染水を海に廃棄した」という事実を認識し、
「また、地震が起きて被害が出た」という現実を目の当たりにし、
「他の原発もヤバくなった」ということに危機感を深め、
 
「地球、怒ってるんちゃうん・・・?」と、思わずにはいられない。
 
ちなみに、7日深夜の地震速報を見た瞬間、親子顔を見合わせ
「(地球が)怒ってるよねぇ・・・」と思わず声を上げてしまいました。
 
だから、それ以降、我が家では「地球は警告している」ということで決定しています。
 
私は何だか、「まだ分からないのか」という声が、どこからか聞こえてきそうです。
 
私は、今起こってしまっている事故に対して、議論するつもりはなく、
ただただ、一刻も早い収束を祈り、現場で必死で作業しておられる方々に感謝し、
どうか、その尽力が実を結びますように、と、痛切に願っているのです。
 
それと、今日現在、あまり報道では大きく取り上げられていないようですが、
第一原発の「100シーベルト/毎時」って、どうなっているんでしょうか。
 
計器の故障カモ?とかいうことらしいのですが、故障なら早く取り替えるなり
修理するなりしたほうがいいのでは?故障している機器のままでは、とても不安です。
 
その取替え・修理係りは、できれば、「大丈夫」と言っている方がいいと思います。
あ、専門知識と技術がないと、作業は無理ですね・・・ん~、困りました。
 
ところで、ウィキさんに教えてもらったのですが、広島での原爆投下地点での
ガンマー線量は103シーベルト、中性子線量は141シーベルトだったようです。
 
今回、発表されている計器の故障かもしれないので、高い数値が示されてしまった
その放射線量が、ガンマー線か中性子線なのかは分かりませんが、そんな異常数値が
出てしまう機器は使い物にならないので、早く何とかするべきではないでしょうか?
 
ファンタジー的に。
もし、「故障でない可能性があり、近づけない」のであれば。
 
「故障の可能性」というニホンゴの使用方法が間違っていますよ、
「故障の可能性と、最臨界の可能性があります」というのが筋かとおもわれますので、
是非、誰か教えてあげて欲しい気がしています。
 
ここまでの経過を事実的結果から鑑みるに、今回の一連の事態は、一分一秒が争われることで
あるのではないか・・・と、さすがに私は学ばせていただいたような気がしております。
 
是非、決定権をお持ちの方々には、お急ぎになっていただきたいものであるよなぁ・・・と
全く、個人的価値観で思うのですが。
 
あ、今日は土曜日か・・・発表は月曜日になるんだなぁ(多分)・・・とか、ふと
気づいたり。あなたの役所の窓口は、どうですか?
 
現場で作業していただいている方々は、おそらく、もはや曜日も昼夜もない事でしょう。
 
森羅万象、万物生命の母なる大地と海が嘆いておられる気がしてなりません。
 
「起こしてしまった事故と起こっている現実、それに対して緊急に行わなければならない処置」、
そのことと、「見つめて考えなければいけない事実と現実」はまったく同一ではないように思います。
 
単純に「環境を守りましょう」という問題ではなく、当たり前に呼吸できることの意味、
当たり前に水があり、当たり前に食べている意味、その他多くの「当たり前」が存在している
そこから考えていく時期である、という警鐘が鳴らされているきがしてなりません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 素敵なBAGです、ほしい!
    必ず発注しますけど、ちょっとまってね。

    MIXIのプロフィールは
    名前 水野 正幸
    性別 男性
    誕生日 12月15日
    です、しょっちゅうアホな日記書いています。

  2. ミズやんさん
    ありがとうございます~!
    「ちょび修行中」の御身にもかかわらず
    ご訪問、感謝です☆
    また、俗世の毒気に当たりに
    是非、遊びにいらしてくださいマセ~☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。