アメリカ古着のリメイク・バッグ「ダイナスティー!」は、こんな感じ。

 

勝利の女神の微笑みを感じさせられる逸品、
「ダイナスティー!」

  

 


 
持つ人を選ばない、黒地に黄色のアメリカンテイストのロゴ。
派手すぎず、地味すぎず、オシャレに決めるなら「ダイナスティー!」。
 
仕上がりは、こんな感じです。 
 

 
今回は、アパラチア州立大学のカレッジフットボールチーム
「マウンテニアーズ」の勝利記念トレーナーと、
「アローのシャツ」で、コーディネート、リメイクしてみました。
 
 
ドカン!と輝くロゴ「DYNASTY」、その意味は「王朝」。
 
「マウンテニアーズ」の奇跡の勝利劇を思わせるロゴ「DYNASTY」に相応しく、
今回、このトートバッグが掲げるテーマも「上品さ」。
 
カレッジロゴファンには「いかにも」なアメリカンテイストロゴですが、
持ってみると、以外に品良くまとまるのは、本来のロゴ・デザインの良さでしょう。
 
また、トートバッグファンには「収納」も忘れない、まさに王道のデザイン。
 

  
 
このファスナー付きの表ポケット(↑)。
 
パーカータイプのトレーナーには「お約束」の前ポケット。
形状はそのまま活かしてカスタマイズ、移植してみました。
 
ほんの少し、手間をかける…。
 
ハンドメイドだからできる、繊細な作業が、トレーナー本来の
表情を残しつつ、オシャレな機能性をプラスさせられるのです。
 
 
裏地に使っているアローのシャツも、アメリカ古着。
 
 
 
ペットボトルホルダーのベルト部分はシャツのカフスを使用。
 
この、「シャツ、丸ごと」の遊びゴコロが「やまもり流」、
切り外したボタンは、飾りとして、再び手縫いで付け直します。
  
 
そんな、シャツであることにこだわった裏生地のデザインだから、
 
 
時々、リバーシブルとして使ってみるっていうのは、結構アリかも。
 
  
使い勝手の良い位置、左右2箇所に移植し直した、シャツの胸ポケット。
 

 
携帯電話や、ちょっとした小物を入れるのに丁度のサイズ。
 
 
本来のトートバッグの魅力は存分に。
さらに、「いかにも」なアメリカテイストを楽しんでほしい。
 
「やまもり」のトートバッグ「ダイナスティー!」は、
 
たった一つしかない、こだわりのハンドメイドです。
 
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++
例えばこのトートバッグ。
黒基調のロック・ファッションにも、アメカジにも相性抜群なのですが…。
色基調の爽やか系のファッションに合わせる事で、意外に品良くキマリます。

「DYNASTY」の名のとおり、地味すぎず派手すぎない。
そんな存在感を演出するにはピッタリのアイテムではないかと思います。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
 
 
ところで…。
 
カレッジフットボールチーム、アパラチア州立大学「マウンテニアーズ」について、
ちょっと調べてみたのですが。
 
このとき発生した「やまもり店長」の妄想、「トートバッグ、ダイナスティー!物語」
…っていうのが、あるんですけど~。
 
見てみる 

ではでは。
「ダイナスティー!」が気になった方、気にならなかった方、それ以外の方も
またのお越しを、お待ちいたしております。

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。