アメリカっぽい部屋にするのは、工夫次第。

アメリカ古着のトレーナーをリメイクして作ったバッグが、
アメリカ雑貨的なニュアンスを持っている気がするのです。
 
トレーナーのロゴ、一つ一つに表情があり、意味があったりするものもあります。
アメリカの独特の感性でデザインされているロゴや柄は、アメリカ雑貨の持つ
あの感性と共通する部分が垣間見えます。
 
トレーナーはトートバッグとしてリメイクされることで、物理的には
コンパクトになり、デザインのインパクトはその分、強調されてきます。
 
その多種多様な色柄は、「飾って楽しみながら使えるアメリカ」の
雑貨的感覚です。
 
例えば、部屋のコーナーや一角をアメリカンなスペースにするのもいいですね。
 
少しこだわるなら、アメリカ雑貨のお店でアンティークな感じのものを。
 
そこまでは無理…という貴方も大丈夫。
 
ホームセンターにあるちょっとした棚でも、アメリカンなステッカーや
プレートで飾れば、それ風になっちゃいます。
 
そんな棚には、ファイヤーキングやブリキのおもちゃも合いそう。
壁には、やっぱり、アメリカを感じるポスターやネオンがあるとよさそう。
懐かしい感じの雑誌も、あるといいかな。
 
スペースがあるならポールハンガーがあってもいいかも。
洋服だけじゃなく、色々なアイテムをディスプレイ、空間を上手く活用して。
 
一見お邪魔なポールハンガー。でも、意外とコーナーのデッドスペースには
はまりやすいんです。
 
そんなアメリカなモノたちと一緒に、アメリカっぽいプリントのトートバッグが
ラフにかけてあると、さらに存在感もアップ。
 
布地の持つ風合いと温かみは、貴方の部屋により「リアル」を
演出してくれるでしょう。
 
ついでに、気に入ったジーンズなんかも一緒にかけて、
「ラフでワイルドなアメリカスタイル」を男っぽく演出してみるのも面白い。
 
几帳面に整頓されているより、少々荒っぽくレイアウトされているほうが
アメリカっぽくて、イイ感じかも。
 
部屋にカーテンがあるなら、カーテンの色柄にこだわることも、お忘れなく…。
カーテンレールの端には、レトロなキーホルダーを繋いで垂らしておいたり…と、
遊びゴコロのオシャレ感アップを狙いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。