バッグの歴史、日本ではどうだったのでしょう。3

風呂敷
一般の人々に今のような価値観でバッグが生活に浸透するのは、
20世紀の半ばくらいからのようです。
 
 
日本でのカバン文化も、文明開化ころから諸外国の文化も
入り混じって、急激に進化
したといえるのですが。
 
 
日本では第二次大戦後、あらゆる物資が足りない時代、
 
足りない物資を補うため、旧日本軍や米軍の物資が庶民の生活に
流れ込みはじめ、カバンに使われる素材も、軍服の生地など、
様々な物で代用されたりしました。
 
そんな戦後間もない昭和25年、牛皮の使用規制が緩和され、
カバンに使用する素材や、デザインもさらに進化していきます。
 
カバンの素材としてビニール、ナイロン、合成皮革、
人工皮革なども使われるようになり、工場などでの、カバンの
大量生産も始まりだします。
 
そうして日本は高度成長期に突入し、世間では「欧米化旋風」が
巻き起こり、ビジネス界でのカバンは「情報を持ち運ぶ知的空間」
という価値観から、欧米的な、アタッシュケースが流行します。
 
この、今で言う「団塊の世代」の尽力もあり、その間に起こった
オイルショックも乗り越えて、昭和後期頃より日本はバブルを
迎えます。
 

「生活の豊かさの象徴」が随所にもてはやされ、
高級ブランドのバッグを持つことは、豊かさのステイタスと
なっていきました。

そして、あの有名ブランドのルイ・ヴィトンは
国内でさらに一世を風靡しました。
 
1981年には日本初のルイ・ヴィトンのお店が、東京・銀座にオープン
するのですが、これにはそういった背景が影響していたのかも
しれません。
 
その後も、続々と有名ブランド店が日本国内各所に、進出します。
 
 
豊かさの象徴であったブランドバッグも現在では「お気に入りの
ブランドを身に着ける」という、一つのファッションアイテムとして
位置づけられるようになりました。
 
時代は流れ、世間はさらに男女同権が進み、ビジネス界での女性の
進出は珍しくなくなり、「キャリアウーマンのためのオシャレな
ビジネスバッグ」も数多く発売され、好評を得ていきます。
 
 
こうして、現在の形としてバッグが身近な存在として一般に
浸透してから、日本でのバッグの歴史はまだ数十年しか
経っていないことに気が付きます。
 
そして、21世紀の現在では。
 
ライフスタイル、ライフシーンに合わせて、人々はバッグを
自由自在に、オシャレなアイテムとして使いこなすようになりました。
 
 
かつては、独自の発想と異国文化を取り入れ、定着していった
日本でのバッグの歴史。
 
これからも、私たちの想像もつかないようなスタイルで、数多く
登場するのかもしれない、そんな風に考えると、バッグにこだわりを
持つのも、何だか楽しくなってきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。