バッグの歴史、日本ではどうだったのでしょう。2

風呂敷
現代の日本は、まさにカバン大国。世界各国のカバンが
販売され、自分の「お気に入り」を選べる時代です。
 
そんなカバンですが、今のスタイルが定着する以前は
日本独自のスタイルもあり、今に近い形での登場はやはり
文明開化の頃、
になります。
 
明治6年に、大阪の御用商人「山城屋和助」がフランスから
「カバン」を持ち帰り、これを模倣してつくらせたのが
「カバン」の始まりである、という説や、
 
明治初期、来日していた外国人が「カバン」の修理を依頼、後に、
それを真似て作ったのが「カバン」の始まりである…、とか、
 
諸説様々あるものの、
「カバン」が明治初期に日本に初登場したのは、
間違いないようです。
 
そう、この「カバン」という言葉。
これはこの頃から使われ始めたようで、オランダ語で鞄の意味
「カバス」が語源ということです。
 
ちなみにそれ以前は、鞄の意味としては「胴乱(どうらん)」
という言葉が使われていたようです。
 
この胴乱ですが、もともとは皮や布製の四角の袋で、主に
印章や薬などを入れて腰に下げたり、鉄砲の弾丸を入れるのに
用いられていたものらしいのです。
 
 
…しかし。当時のカバン、手軽に庶民が使う物ではなかったようで、
ごく一部の上流階級の人々だけが持てるアイテムだったようです。
 
そうして明治20年頃には、日本で初めての鞄専門店
(鞄専門店の老舗、「銀座タニザワ」の前身)が登場。
 
その後、様々な工夫もされて、手提丸型・角形鞄など
新しいタイプが作られていき、さらに日本での「カバン文化」は
進化していきます。
 
 
 
一般に洋装が浸透し始める大正中期以降には、皮革製のバッグも
広まりだし、大正末期、女性が社会に出て働くように
なりはじめて、ようやく、一般でも盛んにカバンが使われはじめます。
 
これは、昭和初期頃には「ハンドバッグ」と呼ばれるようになり、
働く女性を中心に、定着していきました。
 
また、洋服文化の発展と平行して、財布・カギ・ハンカチ・化粧品
など身の回り品を入れる、実用的なアクセサリーとして、
ハンドバッグが大流行していくことになります。
 
 
そういえば現在、小学生の使っているランドセル。
このランドセルは大正天皇が小学校で使われたのが始まり、
といわれています。
 
と、このあと、日本は激動の時代を迎えていくのですが。
そんな時代も人々の生活を支えていった、「カバン」。
 
 
その歴史もまだまだ変貌を遂げていくようです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。