バッグ、進化の歴史ってどんなかな。4

バッグ
20世紀になると、バッグは「荷物を入れて運ぶ」オシャレな
ファッション的アイテムとして、定着していきます。
 
19世紀には、バッグの存在も大きく飛躍していき
一般に向けての有名ブランドも、確立されていったのですが。
 
私、チョットずつの合間で、バッグの歴史を調べているんですが、
この時代になってくると、現在でもよく知られているブランド名が、
結構、登場するんですよ。
 
 
で、有名ブランドといえば、フランスで誕生した、ファッション
ブランド、「エルメス」。
 
始まりは、エルメス社の創業者ティエリ・エルメスが1837年に
開いた馬具工房…ということです。
 
エルメスのロゴとしてお馴染のあの柄、デュック(四輪馬車)
とタイガー(従者)は、この馬具工房に由来しているそうです。
 
そしてエルメスといえば、1935年発売(1955年に改名)された
「ケリーバッグ」。
 
この「ケリーバッグ」は女優、グレース・ケリー
(後のモナコ王妃)、が持っていた形のバッグが一般にも流行、
爆発的なブームとなりました。
 
また同じくエルメスの「バーキン」(1984年に完成)ですが、
このバッグも「ケリーバッグ」同様、女優・歌手の、
ジェーン・バーキンが使ったことからの、大ブレイクです。
 
他にこの時代では、「シャネル」のキルティングバッグも、
大流行でした。
 
 
時代は女性の社会的自立・進出が目ざましくなりだします。
 
ビジネスにはブリーフケース、プライベートにはカジュアル、
夜はエレガントに…と、バッグの種類も多種多様化
していくのです。
 
 
 
こうして20世紀。
遥か昔は、人々にとって「荷物を運ぶ道具」であったバッグも、
ライフスタイル、ライフシーンに合わせてバッグを選ぶという
現代人の価値観へと、変貌をとげていくのです。
 
 
21世紀の現代。バッグのデザイナーは皆、
『イット・バッグ(It Bag=旬のバッグ』を生み出そうと競い合い、
バッグはますます進化を続けようとしています。
 
きっとこれからも、人類に荷物のある限り、そしてファッション文化が
続く限り、バッグの進化の歴史が途絶えることはなさそうです…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。